RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--

新雲出川物語推進委員会-イベント情報-

三重県を流れる新雲出川周辺の環境保全と地域振興
<< 一志町波瀬地区での植樹祭に参加 | main | 海の日清掃に参加 >>
アズキキングの森オープニングセレモニーに参加

 6月19日に井村屋グループ株式会社がかねてより進めていた「アズキキングの森」のオープニングセレモニーが開催され、新雲出川物語推進委員会からも2名が出席しました。

 井村屋グループでは、創業120年、会社設立70年の記念事業の一環として、津市白山町佐田に「企業の森」を造成することを計画、まずその一つとして、当日は約100平方メートルのビオトープを作り、完成式と記念植樹が行われました。

 式典では、同社代表取締役会長の浅田剛夫氏があいさつを行い、アズキキングの森のモニュメントの除幕式があり、その後来賓を含めた関係者による記念植樹が行われ、ヤマザクラ、コナラ、モミジ等10本が植えられました。また、同社の社員により50本の広葉樹が植えられました。

 この森は、白山町佐田の連合自治会が所有する山林5.5ヘクタールで雲出川の上流に当たります。しかも、ビオトープができた池の一部に湧水もあり、これからも雲出川の水を豊かにしてくれるものとなりそうです。

 井村屋グループでは、今後も社会貢献の一環として、この森の植栽・管理を行い、豊かな自然と多様な生物が強制する地域を作りたいと話していました。当委員会では企業の森企画の段階からアドバイスをしてきましたが、今後も雲出川の清流を守り、地域の振興を図るために、このアズキキングの森造成に協力していきたいと考えています。

 

 

| 委員会の活動 | 16:36 | - | - | - | - |