RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--

新雲出川物語推進委員会-イベント情報-

三重県を流れる新雲出川周辺の環境保全と地域振興
<< 環境基礎講座第4講 地球温暖化と水質問題を学ぶ | main | 一志町波瀬地区植樹祭の参加者募集 >>
環境基礎講座修了

の 令和元年度環境基礎講座の第5講を、1月11日(土)に津市環境学習センターで開講しました。

 昨年9月から開催してきた講座の最終講義となりました。

 この日は、まず津市環境政策課の吉住充弘課長から、「津市の環境行政について」と題する講義があり、吉住課長が環境基本計画に基づき環境行政の現状と今後の方向について話をされました。質問時間には、参加者から行政のあるべき姿などについて鋭い質問も出ました。

  (講演する吉住環境政策課長)

 

 続いて、「地域ボランティア活動について」の討議に移り、話題提供として新雲出川物語推進委員会の畑井育男委員長より「新雲出川物語推進委員会の活動について」事例報告がありました。そして、参加者から台湾の高校生と環境問題で連携している事例や、白塚海岸で取り組んでいる状況等に関する報告があり、放射能ゴミ処理問題の取り上げについての提案もありました。最後にフアシリテイターを務めてもらった吉岡泰三さんと北村早都子さんから、「環境問題は考えは地球規模で、行動は足元から」という理念が確認されました。

 今年度も5回にわたり家庭ゴミ問題から地球温暖化問題まで、幅広い分野の講義を行いましたが、高齢者から高校生まで受講者も幅広く、今後の地域や団体での取り組みに期待ができるものとなりました。

 期間中の受講者は10名で、そのうち4回以上講義を受講した5名の方々に修了証が手渡されました。

 

| 委員会の活動 | 14:50 | - | - | - | - |